ニュースキンジャパン

ニュースキンジャパンのやばいと言われる3つの原因

更新日:

最後に入った人も勝てる代理店ビジネスとは

ネットで「ニュースキンジャパン」と検索すると、「ニュースキンジャパン やばい」が出てきます。私の周りにも、ニュースキンジャパンのビジネスをしている方は結構います。

「やばい」と言われる理由一つは、ネットワークビジネスに対する世間の偏見があるからだと思います。

そもそもニュースキンジャパンのようなネットワークビジネス自体の印象が良くないですよね。

そういう事も相まって、「やばい」という事が言われてしまうのかもしれません。

① ニュースキンがしつこい、強引と言われてしまう理由

ニュースキンジャパンのようなネットワークビジネスで「やばい」1つ目は、「しつこい、強引」こんな勧誘ではないでしょうか。

ニュースキンの会員数を増やすためや、商品を購入してもらうために必死に勧誘をしなければならない状況に立たされている会員が多く、時にはしつこい勧誘や強引な勧誘をしようとする人も見られます。

勧誘してくる相手が友人や職場の同僚の場合、きっぱりと断りにくいこともあり、何度も声をかけられ続けることで、ニュースキンに参加せざるを得なくなるケースもあります。

友人であっても強引な勧誘をされることもあります。ニュースキンに参加する意思の無い方は友人であっても、参加する意思がないことをしっかりと伝えるようにしましょう。

② ニュースキンで借金地獄に陥ってしまう

ニュースキンジャパンのようなネットワークビジネスの「やばい」の2つ目は、借金地獄に陥ってしまう。

ニュースキンジャパンのようなネットワークビジネスは、たくさんの商品が売れ、ダウンが出来ることで収入を得る仕組みになっています。

しかしそれが上手くいかなかったりして、自分がなかなかタイトルを取ることが出来ない場合に、自分でたくさんの商品を買いこんだり、勧誘のために在庫を抱えたりして、その購入費で借金が増えてしまうというケースがあります。

借金をしてまで商品を買っても、決して成功することはないので、注意してくださいね。

③ 人間関係の崩壊

ニュースキンジャパンのようなネットワークビジネスの「やばい」の3つ目は、人間関係の崩壊です。

人間関係が崩壊してしまう原因の一つとして、自分の友人や職場の同僚、ママ友に対して、迷惑と感じる勧誘活動をしてしまうことが挙げられます。

その結果、ニュースキジャパンンやネットワークビジネスにマイナスイメージを持っていた人や、勧誘そのものを嫌っている人からは特に距離を置かれるようになってしまうことでしょう。

ニュースキンの勧誘を必死になって続けていると、気づいたときには既に大半の友人を失ってしまっていた、ということになってしまう場合も珍しくありません。

まとめ

ニュースキンジャパンのようなネットワークビジネスを始めるにあたって、勧誘することの苦労はつきものかと思います。

相手に嫌な思いをさせず、たくさんの人に声をかけられる人もいるかもしれません。しかし、大半の人が声をかけることで、人間関係が悪くなったりすることを恐れ、なかなか行動に移せないというのが現状ではないでしょうか?

ニュースキンジャパンのようなネットワークビジネスも昔よりは偏見も少なくなってきましたが、まだまだ敬遠されてしまうことが多いですよね。

そんな中で勧誘をしてしまうと、前にも書いていますが人間関係が悪くなってしまう事もあります。

現代ではネットを使って、SNSなどで集客する方法もあります。ネットを使うことで、嫌がる相手に勧誘することもないし、人脈も尽きることがないので、ストレスがなく出来ますよね。

もう友達は誘いたくない! そんなあなたに、みんなが勝てる代理店ビジネスとは?

ネットワークビジネスというとお友達や家族を誘うビジネス・・というイメージ。詐欺だ、お金のために友達を誘うの?!といわれるのが怖い・・そんな思いで一歩が踏み出せませんでした。

勧誘する人がいないって悩んでませんか?

そこで私がご提案する最後に入った人も勝てる代理店ビジネスとは??

そんなビジネスがあればあなたは嬉しいですか?

一緒に夢を叶えるため、幸せになるために本気で行動しませんか?

真剣に権利収入が欲しい方!

代理店ビジネスに興味がある方はこちらをタップ

 

-ニュースキンジャパン

Copyright© 在宅で集客完結!口コミ無しで収入を得る、代理店ビジネス , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.